【読了】ひと粒でいいお金の種を植えなさい  石田秀明 著

先日、YYMサロンメンバー限定で、

国際税理士の石田秀明氏のご著書の

読書会がありました。

http://ameblo.jp/hoshino-yoko/entry-12251023214.html

 

私は仕事で参加できませんでしたが、

石田氏のご著書を読みました。

 

ひと粒でいい!お金の種を植えなさい [ 石田秀明 ] ひと粒でいい!お金の種を植えなさい [ 石田秀明 ]
1,512円
楽天

 

あ!と思ったのは、金融投資についての考え方。

 

p.74

「右肩上がりのトレンドでは、ドルコスト平均法ではなく、

一括で買い付けた方がキャピタルゲインは大きい。

ドルコスト平均法なら買い付け単価が上がっていくので、

平均取得単価が高いため不利に働くのである」

 

という部分。

図でいうとこういうイメージですね。

IMG_20170311_134050378.jpg

右のようなトレンドはドルコスト平均法が有効な場合、

左は不利な場合です。

 

「ドルコスト平均法」は、ほったらかしで楽なので、

盲目的にドルコスト!と思っていたのですが…

投資するときには、ちゃんと考えないとね、と思いました。

 

ほかにも、

海外不動産区分所有、

共済制度などなど…

 

知らなかった!!

読んでよかった~!!ということが盛りだくさんでした。

さらに、私でもできそうと思えるものもいくつかあったのが、

うれしいですキラキラ

 

やはり知っているか知らないかの差は

すっごく大きいということを

再確認したのでしたおねがい

 

 

 

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)