家計の予算の立て方を学ぶ

先日、家計管理の仕方を見直さなくては!

という記事を書きました。

 

その後、いろいろ検索した結果、

とても勉強になるサイトを見つけました。

<よい家計>

https://fromportal.com/kakei/household/budget/

 

特に、ワタシの弱点である

「予算」の項目を見てみると・・・

 

まず大切なのは、

「家計の計画と優先順位を決める!」

ことだそうです。

 

いや~、これは耳が痛い。

 

過去を振り返ってみると、計画していそうで

実はしていなかったな~と反省。

 

 

気分次第で何となく旅行、

気分次第で家電購入・・・結構やっていたような・・・

 

 

まあ自由を好むワタシとしては、

ガチガチに決めるのは息苦しくて合わないと思いますが、

せめて旅行や家電の購入等、

色々な大型支出の上限額くらいは、

決めておかないと・・・と反省しました。

 

 

次に大切なのは、

「計画を基に支出の予算を作る」

ことだそうです。

 

これ、特に「そうだったのか!」という項目でした!

「目からウロコ」だったので、

以下に引用させていただくと・・・

 

(引用はじめ)

収入の手取り額から、先取り貯金の金額、毎月の固定的な支払いの金額、特別支出への毎月の積立額を引きます。残ったお金がやりくりをするお金です。

(引用おわり)

 

「目からウロコ」のポイントは、

手取り額から先に差し引く項目を

「3つに分けること!」です。

 

 

今までのわが家の家計簿では、先に差し引く項目は、

「先取り貯金」と「固定費の支払い」の2項目でした。

そのため、「先取り貯金」と「特別支出」の境界が曖昧で、

なんとな~く、モヤ~っとした管理になっていたのです。

 

それを、

「貯蓄」「固定費」「特別支出用の積立」の3つにすれば、

モヤモヤ家計を解決!できるんですね~。

いや~、気づきませんでした。

主婦も9年目だというのに。。口笛

 

さて、

「貯蓄」と「特別支出用の積立」の項目を

分けるとなると、次は・・・

 

各項目に割り振る額をどうするか?

が問題になってきますね。

 

うーん、また頭をひとひねり。

「貯蓄」にはもちろん「投資額」も入れたいですし。

うーむ、悩ましい。

 

と言いつつ、こういうの、

考えるの結構好きてへぺろ

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. hatenaさん、こんばんはー!

私も先取り貯金 固定費を先に抜いて、残りは食費、生活費 雑費と大まかに分けてます。
あとは別に急な入り用、旅行、贈り物などの出費用としてフリーに使える題して自由に使えるお金を別口座で作ってます。
特にこれから、年末にかけて、色々出費がかさむので、生活費とは別にこのフリーマネーから出して、うちもガチガチにならないように生活してます。お互い試行錯誤ですが、少しでもお金に好かれるために頑張りましょう!

2. Re:hatenaさん、こんばんはー!

>まーちゃんさん

コメントありがとうございます!
まーちゃんさんも、「先取り貯金」と「固定費」の分け方なんですね。
ワタシはそれで、なんだかモヤモヤし続けてきたので、サイトで学んだように3項目に変えたいのですが・・・でも、ガチガチに計画するのも大変そうなので・・・悩ましいですね。
お互い工夫を重ねていきましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)