【本】加谷珪一 著 お金を生む法則

いつもご訪問&応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
励みになります♡








夫婦でファン、いつも著者買い!をしている
加谷珪一さんの本を読みました~☆
DSC_2784.jpg

今回も学ぶことたっぷりでした。

加谷氏の本は主に起業や株式投資に関する
記述が多いのですが、「投資」「経済」を知るには、
とても勉強になります。

今回、勉強になったのは後半部分で、
お金持ちは「話し言葉ではなく書き言葉で考える」
「言葉の整理がうまい人はお金もうけもうまい」
など、
太字の部分だけをザーッと読むだけでも、
得るものは大きいと思いました。

そして!
一般人がウォーレンバフェット氏の投資の考え方を
実践しても大きくは儲からない理由が、
やっとわかりました~!!

今までも加谷氏の本には、
書かれていた内容なのですが、
今回の本でじっくり読んで、
プラス、自分の投資の知識も少し増えて、
ようやく分かりました。

知りたい方は是非読んでみてくださいね☆









スポンサーサイト

午堂登紀雄 著 「年収1億円の勉強法 年収300万円の勉強法」

いつもご訪問&応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
励みになります♡







ほんっと、暑いですね~。
こういう日は、冷房のきいた部屋で読書もいいですね。

最近読んだ本です。
IMG_20170717_112217.jpg

「年収一億円の勉強法 年収300万の勉強法」 午堂 登紀雄 著


本の最初の方に、
20代から30代半ばくらいのビジネスマンが対象…
というようなことが書いてあり、
え、当てはまらないし…と思いましたが、
そんなことはなく、
あっという間に読めて、参考になる本でしたよぅ。

印象に残ったのは、

1億円タイプの人は、
本を最後まで読むのではなく、
途中で閉じて行動に移す!

敢えていうと、
読書をするのは時間のある人の証、とも言える…

などです。

とにかく、本を読むこと自体が目的ではなく、
行動に移すために知識を得ることが
目的ですからね。

目的を忘れないように~ということです!

【本】大城太 著 「お金と運に好かれる人、一生好かれない人」

いつもご訪問&応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
励みになります♡







華僑の方の考え方に興味があって、
大城 太 著 「お金と運に好かれる人、一生好かれない人」
を読みました。
DSC_2727.jpg

印象に残った“華僑流”の考え方は、

・「自分軸をもつ」ということ。
自分軸をもって適度な距離感で人間関係を保つ
自分軸がぶれないので、自己肯定感がつよい。
自分大好き。自信満々だから、いつも成功。

・うまくいくことしかしない
成功を重ねて「勝ちグセ」をつける。


などなど。

第1章
自在なコミュニケーション力で世界のどこでも生き抜く華僑とは?
第2章
人間関係を制して仕事を円滑に!
第3章
人脈は宝だ!
第4章
家族の絆を強くする!
第5章
内なる自分との対話

と、ビジネス書とか自己啓発系の本によくありそうな章にも
見えますが、“華僑流”の考え方は、
しみついた日本人らしい考え方とはだいぶ違い、
いつもこういう思考方法でいられたら、
どんなにクリアな気持ちで過ごせることか!
と感じました。


本を読んだら即実行!
何か一つでも実行して、
“華僑流”少しでも身に付けたいです。

伊藤邦生 著 「年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち」

いつもご訪問&応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
励みになります♡

少し前に読んだ本です。

伊藤邦生 著
「年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち」


DSC_2636.jpg

この本で面白いところは、
DSC_2637.jpg
投資家としての段階を「6つのステージ」に
分類しているところです。

お~こわ~(>_<)と思ったのはこれ。
DSC_2638.jpg
「カモのステージ」ですね。

カモのステージ=投資ビジネスの餌食
その特徴は
・儲かりそうな投資話が大好きでいろいろな案件に目移りする。
・「次こそは儲かる」と信じて熱心に投資セミナーに通い詰める。
・「元本保証の高利回り」「マル秘案件」という言葉にひかれてしまう。
などなど・・・

さすがに3つ目みたいなことはありませんが、
一つ目なんて、ワタシ、「儲かりそうな話」好きですからね( ´艸`)
あぶないあぶない(笑)なんちゃって。

実際にはわが家は、「ヒヨコのステージ」かなと思います。
その特徴は、「投資家としての基礎づくり」
例えば…
・1年以上一つの投資に取り組んでいる。
・何となく自分の得意な投資分野を理解している。
・さまざまな投資に手を出すことの弊害を理解している。
・・・などです。

そしてやっぱり、すごいな~憧れるな~というのは、
この本でいう「ゴールドスワンのステージ」
その特徴は、お金と投資力を備え…

くわしくは本文を見てみてくださいね。
文庫本で手軽そう、という軽い気持ちで選んだ本でしたが、
ちょっと極端かなと思うところもありましたが、
得るものが多かったです。

随所にあの名著
「金持ち父さん貧乏父さん」
が散りばめられていて、
ロバートキヨサキ氏のシリーズをまた読みたくなりました!







刃を研ぐ

ようやく週末がやってきました。
この土日は、久しぶりにセミナーや勉強会など、
決まった用事がなく、
主人も中小企業診断士のスクールの授業が
たまたま休みだそうで、
久しぶりに「フツーの土日」になりそうです。

少しは時間ができそうなので、
平日にはできないことをしたいと思っています。

そう、ワタシが時々読み返す本、

藤野英人 著 「投資バカの思考法」にあるように、
「刃を研ぐ」時間を持ちたいと思っています。
DSC_2612.jpg

とはいえ、この土日は、
貴重な「カラッとした晴れ」のこと。

家にじっとしては
いられない!かも!!